お肌の乾燥。どんな対策がある?

肌の潤いに役立つアイテムはその種類はバラエティに富んでいますが、最も一般的なのが化粧品です。

保湿成分を配合した化粧品からそれぞれの肌のタイプに合っているものを十分な量つけるようにしましょう。

顔を洗う場合も、自分の肌タイプにふさわしく弱酸性の洗顔料を使い、洗い終わった後に水分を拭き取るタオルに関しても肌に負担の少ない素材で作られているものがお勧めです。

マスクやパックを定期的に使用するのも保湿効果を高め、肌に潤いを持たせることができるでしょう。

そしてとりわけ乾燥してしまう冬場には、加湿器などのアイテムを使って肌のカサつきを防止しましょう。

とりわけ顔の乾燥対策には、顔用のスチームを使うと効果的です。

顔に向かってスチームを噴射すると肌の角質部分にまで水が入り込んで、肌に化粧水が良く浸透するようになるので、肌を柔らかくすることができます。

スチームを使ったら、たちまち肌は乾燥してくるので、スキンケアにすぐに取り掛かりましょう。

美顔器というのは、表情筋の強化やマッサージに役立ち、たるみやしわをできにくくして肌の具合を良くする効果があります。

美顔器の種類としては、超音波をあてるものとイオンを導入するものの二つの種類が存在します。

イオン導入の美顔器は、肌へ栄養を足すことにより、シワやシミを改善し美白を行います。

そうは言っても、美顔器は毎回専用の美容液を使いますから、費用面から見るとかなりの出費となるでしょう。

超音波型の美顔器というのは、肌の新陳代謝を高め、潤いを保てる肌を作ります。

この場合に必要な液は、専用のものもありますが水でも良いので、経済的に非常に助かります。

これらの美顔器はどちらも潤い肌のために役立ちますが、各商品の特性の違いを把握して、自分のお肌に合ったものを選びましょう。

保湿ならこちらのオールインワン化粧品はおすすめです。

海のブレアWモイスチュアはここが凄い!選ばれている3つのポイント

2012年10月11日リンクURL

頬のたるみはお肌のコラーゲンが足りない状態

年齢によって人体には様々な影響が出ますが、そのうちの1つに、肌の弾力性が失われたことによる頬のたるみがあります。

コラーゲンが豊富なほど、肌はハリのある状態を保てます。

年を取るとお肌のたるみやしわが目立つようになるのは、年を取ると徐々にコラーゲンの生成量が減るためだといいます。

若い頃は皮膚の隅々まで送り届けられていた栄養成分が、年齢と共に血流が悪くなって流れづらくなり、コラーゲンの生成が追いつかなくなるようです。

加齢の他にも、頬のたるみの理由は存在します。

イライラが募る日々や、長時間肌を紫外線にさらす生活をしていると活性酸素が多くなり、皮膚中のコラーゲン量を減らしてしまいます。

何らかの理由で脂肪がいきなり増えると、その重みをキープする皮膚の弾力や筋肉が足りずにたるみの原因になります。

脂肪が急に減ることもたるみの要因になります。

脂肪があった部分の皮膚が余剰になり、たるみができてしまうのです。

皮膚の下に存在していた表情筋が、皮膚の弾力がなくなったことで支えを失い、たるみになることもあります。

高齢になると顔の皮膚をキープしていた筋肉が細くなり、それが頬のたるみになります。

また、むくみがたるみになることもあります。

むくみは体内の水分が停滞することで起こります。

排出が不十分なままに水分ばかり取り入れているとむくみがひどくなり、それが重力のためにたるみを作ります。

このような理由で顔のたるみが目立つようになり、ブルドックのようになってしまいます。

2012年10月11日リンクURL