頬のたるみはお肌のコラーゲンが足りない状態

年齢によって人体には様々な影響が出ますが、そのうちの1つに、肌の弾力性が失われたことによる頬のたるみがあります。

コラーゲンが豊富なほど、肌はハリのある状態を保てます。

年を取るとお肌のたるみやしわが目立つようになるのは、年を取ると徐々にコラーゲンの生成量が減るためだといいます。

若い頃は皮膚の隅々まで送り届けられていた栄養成分が、年齢と共に血流が悪くなって流れづらくなり、コラーゲンの生成が追いつかなくなるようです。

加齢の他にも、頬のたるみの理由は存在します。

イライラが募る日々や、長時間肌を紫外線にさらす生活をしていると活性酸素が多くなり、皮膚中のコラーゲン量を減らしてしまいます。

何らかの理由で脂肪がいきなり増えると、その重みをキープする皮膚の弾力や筋肉が足りずにたるみの原因になります。

脂肪が急に減ることもたるみの要因になります。

脂肪があった部分の皮膚が余剰になり、たるみができてしまうのです。

皮膚の下に存在していた表情筋が、皮膚の弾力がなくなったことで支えを失い、たるみになることもあります。

高齢になると顔の皮膚をキープしていた筋肉が細くなり、それが頬のたるみになります。

また、むくみがたるみになることもあります。

むくみは体内の水分が停滞することで起こります。

排出が不十分なままに水分ばかり取り入れているとむくみがひどくなり、それが重力のためにたるみを作ります。

このような理由で顔のたるみが目立つようになり、ブルドックのようになってしまいます。

2012年10月11日リンクURL